RYO MARUOKA「サイクル」

『サイクル』

【収録曲】
01. Higher
02. ACROSS
03. lalala
04. ノートのエンド
05. cube
06. 電光石火
07. ツナ缶
08. 9
09. 街


tuba...disk(チューバ・ディスク)再始動第一弾
となるRYO MARUOKAの『サイクル』は、
“日常と旅”をコンセプトとしたドリーミーな
ポップ・アルバム。

かつて大阪を拠点として活動していたインディー・レーベルで、ポスト・ロックバンドP-shirts、シンガーソングライター・北村早樹子などをリリースしていた 「tuba...disk(チューバ・ディスク)」。

2015年、東京・西荻窪で活動を再開した tuba...disk の、再始動第一弾作品としてリリースされるのが、シンガーソングライター/サウンド・クリエイター・RYO MARUOKAのデビュー・アルバム『サイクル』である。キリンジや山下達郎、松任谷由実といったオーセンティックなシティ・ポップスと、ユーロ・ビート隆盛以前のディスコ・サウンドをフェイバリットに挙げる彼が構築するのは、ノスタルジックな情景が浮かび上がるドリーミーなポップ・サウンド。MARUOKA自身が全曲の作詞・作曲・編曲、トラックメイキングを手掛けており、パイプ・オルガン/フェンダー・ローズのような柔らかな質感が想起されるエレクトリック・ピアノと、多重録音を駆使した幻想的なコーラスが特徴となっている。また、空間に溶け込むMARUOKAの朴訥なボーカルも、クールダウンやチルアウトを聴き手に促す心地良さを纏っており、印象的に響いていく。作品のコンセプトとなっているのは、“日常と旅”。自作の短編漫画付き CD-R としてリリースされた先行シングル 「Higher」、「ノートのエンド」 の2曲のほか、キラキラした音色がトリップ感を生み出す 「ACROSS」、身近な景色や人々との交わりを活き活きと描写した「ツナ缶」など全9曲で構成されている。中でも、シンフォニックで壮大な 「9」 から、ピアノ弾き語りの静謐なラスト・ソング 「街」 へのダイナミックな流れは圧巻である。本格的に活動をはじめたのは昨年からというRYO MARUOKA。宅録をメインとしているだけに、『サイクル』は自室で綴られたダイアリーや私小説のような感触に満ちている。一方で、その普遍的なメロディ・ラインと完成度の高いサウンド・プロダクションには、そんな箱庭的世界に留まることを良しとしない魅力とエネルギーがある。現在はバンド編成での活動にも乗り出している彼が、本作のリアクションを経てどのようなポップスを創造していくのか。要注目のシンガーソングライターである。



【推薦コメント】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「はじめ、とても心地のいい風に乗って歌がきこえてきた。少し離れた街からのかすかな音楽。でも気になった。じっと耳を傾けるうちに、詩が、思いが、激情がきこえてきた。もっと聞こえる場所へ、その歌をうたう人のいる場所へ 行きたいと思った。今日はどこで歌っていますか?」

古澤健 映画監督
「クローバー」「今日、恋をはじめます」「Another」
現在放送中木曜TBSドラマ「37.5℃の涙」



「おシャンティできらきらした音楽やなあ=わたしとは関係ないなあ、と思って聴きはじめたのやけど、8曲目で立ち止まった。 希望も絶望も明確に示さないけれど人間の持つ普遍的なかなしみが詰まっていて、それを高みから見下ろすわけでなく下から見上げるわけでもなく、ひたすらまっすぐに平熱のまま歌っていて、これはすごい歌だと思いました。」

北村早樹子(「聴心器」「おもかげ」)




フォーマット:CD 品番:TDCD-012 定価:¥2,000(税抜) JAN: 4582237832327

¥ 2,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。